心に残る曲の映画

キャッツのメモリー

投稿日:2017年5月27日 更新日:

                  映画「キャッツ」より

スポンサーリンク

 メモリーという曲

 今回は、僕の大好きなミュージカル「キャッツ」。

日本では、劇団四季の公演でも大ヒットしています。
猫を主役にした個性的なミュージカルです。

もともと僕は、サラ・ブライトマンの大ファンなんです。
最初は、勘違いしていて、キャッツの主演女優が、サラ・ブライトマンだと思っていました。

実際の主役のエレイン・ペイジも、大好きなんですけどね。

二人の唄う「メモリー」は、それぞれに魅力的で、どちらも大好きです。
今でもそうだと思うんですが、このメモリーという曲は、結婚式のキャンドルサービスの時に、よく使われていましたね。

実際、僕のいとこの結婚式でも、使われました。
それで、英語の歌詞を覚えたり、日本語に翻訳したりしました。
メモリーの歌詞は、とても詩的で心揺さぶられるものがあります

(引用:YouTubeより https://youtu.be/FWNWt3kiTWc)

 猫ブーム

たしか去年、ニュースでも紹介されましたが、今、猫ブームらしいですね。

そういえば、僕も、猫に関わる思い出があります。

その猫の名前は、ニャンコ。

僕は、人生で何度かの浪人生活(プー太郎)を経験しています。
再就職を目指して頑張っている時期で、毎晩健康のためにウォーキングをしていました。

ある晩、ウォーキングしていると、痩せた子猫と出会いました。
最初は、警戒していた子猫でしたが、三日目くらいに、僕の足元にすり寄って来たんです。

野良猫みたいだったのですが、僕は、拾って帰りました。

そして、そのあとすぐに、再就職が決まったんですよね。
まさに、招き猫だと思いました。

でも、その野良猫ニャンコは、ある日、風邪をこじらして死んでしまったんです。

子猫と思っていたんですが、おそらく小さいときの栄養不足が原因で、体が弱かったんですね。
ホントに可愛いやつでした。だから、僕は、今でも猫が大好きなのです。

 ミュージカル・キャッツ

話が長くなりました。
(スイマセン!)

僕は、この「キャッツ」は、DVD版でしか観たことがありません。
ぜひ、本場で、生のキャッツを観てみたいと思っています。

このキャッツというミュージカルは、途中、いっぱい猫の紹介がありますね。
正直、ちょっと、退屈。

しかしながら、踊りや歌は、まさに超一流です。

一人一人の俳優たちが、見事に一匹一匹の猫たちを演じています。

中でも、エレイン・ペイジ演じるグリザベラが歌う「メモリー」は、感動的ですね。

若い頃は、とても魅力的でモテていたんですが、今は歳を取って若い頃のようにもてはやされず、受け入れてももらえない老いた娼婦猫が歌う「メモリー」です。

僕も、結構いい歳になりました。

「キャッツ」のようなストーリー、「メモリー」のような歌というものは、ある程度の人生経験を得ると、よりリアルな感動を感じるような気がします。

考えてみれば、「メモリー」って「記憶・想い出」といった意味の単語ですよね。
人生の感動の裏面には、哀しみが存在している気がします。

 日本初のオリジナル・ミュージカルを

余談ですが、劇団四季の「キャッツ」を観た友人が話していたことを少し。

「メモリー」ばっかり何回も歌ってて途中飽きたって。

劇団四季って、「キャッツ」に限らず、色んな大ヒットした海外のミュージカルを日本で公演していますよね。
でも、そろそろというのか、日本初オリジナル・ミュージカルが欲しいですね。

日本の音楽や演劇も、充分に世界で通用するレベルだと思うんです。
そろそろ二番煎じではない、オリジナルな日本初を期待します。

 独断と偏見

ついでに、あと一つ。

メジャーなミュージシャン達が来日して公演しますが、中に、手抜き公演だなって感じる時があります。

DVDとかだと、売り上げに響くので手抜きなしの制作をするんでしょうが、日本各地で公演予定とかの場合、結構スタミナ調整の意味もあるんでしょうか?
地方公演での手抜きがある気がします。

ちょっと独断と偏見的な感じもしますが、率直な意見です。

今日は、あれこれな話が多かったですね。
スイマセン!

それでは、また。


スポンサーリンク

-心に残る曲の映画
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

D・ワーウィックの小さな願い

  スポンサーリンク           映画「ベスト・フレンズ・ウェディング」より 今日の記事の見出し1  ディオンヌ・ワーウィック 2  約束3   登場人物4  船の上のシーン5  ラストシーン …

どうか乾杯を!夢追い人に!

映画「ラ・ラ・ランド」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 エマ・ストーンとライアン・ゴズリング2 ミアとセブ3 夢を追いかける若者4 喧嘩5 オーディション6 五年後7 格言8 なかなかのミ …

猫も重要な俳優のひとり

              映画「ティファニーで朝食を」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  ムーンリバー2  オードリー・ヘプバーン3  ジョージ・ペパード4  YouTube5  猫ちゃ …

泣ける主題歌とストーリー

            映画「ゴースト/ニューヨークの幻」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  アンチェインドメロディ2  突然の出来後3  ラストシーンの言葉4  天国5  ウーピー・ゴー …

ジョディ・フォスターがいた映画

              映画「君がいた夏」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 君がいた夏2 ジョディ・フォスター3 夏4 憧れの存在5 Stealing Home6 遺灰 君がいた夏 こ …

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ブログ運営者のプロフィール

<牛山さとる>

 
当ブログ管理人の朴心(bokusin/ニックネーム)です。
映画を観ることとラーメンが大好きなオヤジです。
このブログでは、自分が観た映画のレビューや情報を載せています。
どうぞごゆっくりお楽しみくださいね!

詳しい自己紹介はこちら

カテゴリーアーカイブ