SFヒーロー映画

愛すべき異星人スーパーマン

投稿日:2017年5月23日 更新日:

 

              映画「マン・オブ・スティール」より

スポンサーリンク

 スーパーマン

 小さい頃、初めてテレビで観たスーパーマンは、とてつもなくカッコ良く、何とかしてスーパーマンのようになれないものかと願ったものでした。

亡くなった僕の父が、昔、スーパーマンに関しては、こんなことを言ったのを憶えています。

「スーパーマンが登場してから、みんな空を飛ぶようになった。」

確かにその通りで、僕が小さかった時代は、まだゼロ戦に乗ったヒーローやチャンバラのヒーローが全盛でした。

テレビには、「ナショナル・キッド」なんかが登場してきたり、空を飛ぶヒーローが、主流になっていきましたね。ドラゴンボールの悟空たちも、その延長線上にいる気がします。(歳がばれるなぁ・・)

(引用:YouTubeより https://youtu.be/VlINHSnUx9k)

 アメリカンコミックのヒーロー

そんなわけで、もともとヒーロー大好き人間な僕でした。

特に、今でもそうなんですが、アメリカンコミックから出てきた「バットマン」、「スパイダーマン」、「アイアンマン」etc.。
みんな、大好きです。

最近の映画を観ていると、デジタル処理などの特撮技術の進歩で、ストーリーがとてもリアルなものになりました。

スーパーマンも、昔、テレビドラマで観ていた頃は、空を飛んでいるシーンは、俳優が、板の上に腹ばいになっているって言われてました。

 惑星クリプトン

スーパーマンって、ほんとは、異星人なんですね。

地球からはるか遠く離れた星、クリプトンという惑星出身です。
クリプトンには、地球よりも、はるかに高度な文明があり、クリプトン星人たちは、みなスーパーマン族なんです。

主人公のクラーク・ケントことスーパーマンは、カル=エルという名前でした。

彼の父親は、優秀な科学者で、クリプトン星が、滅亡する運命にあると発表します。

しかし、その意見は、取り入れられず、クリプトン星は、滅亡するわけなんですが、その時に、赤ん坊のスーパーマンだけが、小さなカプセルの宇宙船で、地球に脱出して来るというあらすじです。

現代でも、UFOを始めとする地球外生命体の話題は多いですけども、ほんとに宇宙のどっかに、スーパーマン族の住む惑星が存在するかもしれません。

 登場する俳優陣

この映画が凄いなと思うのは、スーパーマンの海の父親役が、ラッセル・クロウで、地球での育ての親が、ケビン・コスナーなんです。

主役のスーパーマンことカル=エル役は、ヘンリー・カヴィル。

最初、彼を観た時は、なんかバタ臭い顔に見えましたが、こういうタイプが、都会的かつ現代的なのかもです。
なかなか雰囲気のある男優です。

それと、なんせ演じている役柄が、スーパーマンですから、ヘンリー・カヴィルに限らず、歴代のスーパンを演じた役者さんたちは、筋トレ大変だったでしょうね。

ちなみに、僕も、去年の五月から、ちょうど一年で、10キログラムほど痩せました。やはり筋トレのたまものです。
結構ハードな筋トレしましたよ。
しかし、食べ物に関しては、いっさい制限は、しませんでした。(余談です。)

 ある疑問

話は変わりますが、スーパーマンが着ているマントとか服なんですけれども・・。

じつは、これって、生地は、クリプトンからカプセル型の宇宙船で地球に来るまで、赤ん坊のスーパーマンを包んでいた毛布なんですね。

そこで、僕は、疑問を感じました。

実際のところ、この生地は、火にも燃えない、ピストルの弾をも通さない凄いものなんですよね。

クラーク・ケントが、新聞社デイリープラネットに入る為に、家を出る時に、母が、作ってくれた服なんです。
どうやって作ったんでしょうか?!とても、地球にあるはさみなんかでは、裁断もできなかっただろうに。

これは、素朴な僕の疑問です。

 人間的なスーパーマン

スーパーマンは、肉体的能力からすると、はるかに人間の限界を超えている存在です。

でも精神的な部分では、僕ら普通の地球人とそんなには、変わりませんよね。
自分だけが特別だからと、悩んだりもしますけれども、やがて自分の使命に目覚めていきます。

時には、クリプトンの父の言いつけを破り、歴史に干渉します。
地球の自転を逆にして、好きなヘレンを助けたりもするスーパーマンです。

僕らは、肉体的や頭脳的に優れている人たちを、「あの人は、スーパーマンだ。」などと形容しますね。
もとはと云えば、この来るプ遁世からきて地球に住んでいるスーパンマンが、語源なんですね。

最初、赤ん坊のスーパーマンが地球に来た時、拾ってくれたのが、愛に溢れた両親で良かったと思います。

自分の特別な能力に悩むクラーク・ケントを、優しく見守りますね。
悪い人間にでも拾われていたら、地球は、どんなことになっていたやら。

 

ちょっと、スーパーマンの話が、一本の映画だけでなくごちゃまぜなお話になりました。

強いものは、強いなりに、どっかに弱い部分があるのかもしれません。

逆もまた真なり。
弱いものは、弱いものなりに、強い部分を持っているのかもしれませんよ。

僕は、今でも強くて優しいスーパーマンみたいになりたいです。
そんな気持ちって、スーパーマンのような存在に対する永遠の憧れでしょうね。

そして、なかなかスーパーマンにはなれない僕でした。
スイマセン!


スポンサーリンク

-SFヒーロー映画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不死身の戦士ローガン、逝く

              映画「ローガン」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 ローガン2 アダマンチウム3 ローラ4 プロフェッサーX5 SFヒーロー ローガン 殺戮の戦闘シーンが多いので …

ジェニファー・ローレンスの存在感

              映画「ハンガーゲーム」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  ジェニファー・ローレンス2  ハンガーゲーム3  カットニス4  情報操作5  近未来6  四部作7 …

ターザンとジェーン

               映画「ターザン:REBORN」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  ターザン2  ジェーン3  最近の映画4  文明に復帰5  ターザン像6  俳優7  もうひ …

カーク船長の時代のスタートレック

             映画「スタートレックBeyond」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  トレッキー2  マンネリ化?3  クリス・パイン4  スタートレックの世界5  バランスの問 …

ドクター・ストレンジはアベンジャーズに参加するのか?

               映画「ドクター・ストレンジ」より  スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  マーベル(MARVEL)2  魔法使い3  ベネディクト・カンバーバッチ4  レイチェル・マ …

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ブログ運営者のプロフィール

<牛山さとる>

 
当ブログ管理人の朴心(bokusin/ニックネーム)です。
映画を観ることとラーメンが大好きなオヤジです。
このブログでは、自分が観た映画のレビューや情報を載せています。
どうぞごゆっくりお楽しみくださいね!

詳しい自己紹介はこちら

カテゴリーアーカイブ