心に残る映画 戦争映画

映画「ハクソー・リッジ」の評価は?ネタバレありのレビュー

投稿日:

              映画「バクソー・リッジ」より

スポンサーリンク

 「ハクソー・リッジ」のあらすじ

実在の人物、デズモンド・T・ドス氏の体験を基にした戦争映画。

敬虔なクリスチャンであるデズモンドは、「良心的兵役拒否者」であったが、太平洋戦争における沖縄の戦場で、武器を持たぬ衛生兵として参加をします。

彼は、激戦の最中、命がけで、多くの傷病兵の命を救います。

そして、「良心的兵役拒否者」としては、初めて名誉勲章を授与されるのでした。

デズモンドは、何故「良心的兵役拒否者」であったのでしょうか。
何故、彼は、武器を持とうとしなかったのでしょうか。

「戦争とは何か。」人間の根本命題に迫るストーリー。
愛国心と良心的兵役拒否者としての立場に苦しみながらも、自分の信仰を貫いた男の真実の物語が展開されます。

(引用:YouTubeより https://youtu.be/nQOeAo02v-8)

 「ハクソー・リッジって?」について 

「ハクソー・リッジ」とは、沖縄戦において、浦添城址の南東にある「前田高地」と呼ばれた日本軍陣地。北側が急峻な崖地となっており、日米両軍の激戦地となったことから、米軍がこの崖につけた呼称(Hacksaw=弓鋸)である。

     (ウィキペディアからの引用)

「ハクソー・リッジ」のキャスト・配役 

 監督は、メル・ギブソン。(1972年「マッドマックス」)

主人公のデズモンド・T・ドス役に、アンドリュー・ガーフィールド。(2014年「アメイジング・スパイダーマン」)

デズモンドの妻ドロシー役に、テリーサ・パーマー。(2011年「アイ・アム・ナンバー4」)

グローヴァー大尉役に、サム・ワーシントン。(2009年「ターミネーター4」

 「ハクソー・リッジ」の評価と感想

まず、この映画が、実在した人物の戦争体験によるという点に興味をひかれます。

戦争の舞台になった場所は、日本の沖縄です。
ひじょうな激戦が行われたようです。

主人公のデズモンドは、国と国が戦う戦争という状況の中で、自分の信念として「良心的兵役拒否者」になります。
しかし、それは、戦争に参加しないというものではなくて、武器を持たずに、衛生兵として参戦するというものでした。

周囲からは、様々の非難中傷や苛めが行われます。

しかし、デズモンドは、激戦の最中、決して武器は持たずに、ひたすら傷ついた兵士たちの救援活動を続けました。

そんなデズモンドに対して、同僚の兵士たちを始め、上官たちまでも、見方が変わっていきます。
そして、デズモンドの戦場における必死の救援活動が認められ、良心的兵役拒否者としては、はじめて国から名誉勲章が授与されます。

映画の中で、デズモンドが、敵方の日本の兵士を介護する場面があります。
戦争という異常な状況下での、人としての思いやりというか優しを忘れない行動は、観ていて胸が熱くなりました。

その他、メル・ギブソンが、監督ということで、ちょっと見てみようかという気持ちになりました。
メル・ギブソンという俳優であり監督は、どういう演出をしたら観客が喜ぶかということを、良く把握しています。

シルベスタ・スタローンの「ロッキー」みたいに、逆境の中で、ひたすら耐えて、最後は、ヒーローになるというようなパターンですね。

それと、メル・ギブソンの場合は、人間の持つ復讐心というか反骨心というか、そんな部分を使うのが上手いですね。

余談ですが、戦場での戦いの場面で、日本軍の兵士が投げた手榴弾を、手で拾って投げ返したり、足で蹴り返すという場面がありました。
しかし、これは、いかにも映画「マッド・マックス」じみた演出ではないかと思いました。
いかにも、戦争のスペシャリスト的な演出ではないでしょうか。

兵役拒否者」という言葉に、僕が思い出す人物に、プロボクシングの世界ヘビー級チャンピオンだった「モハメド・アリ氏」がいます。
彼も、偉大な人物でした。

アリ氏にしても、デズモンド氏にしても、彼らの時代は特に、兵役を拒否するという行為は、とても勇気のいることであったと思います。
人間の中には、残虐性があるのも事実ですが、大きな愛が存在していることも事実ですね。

そんなこんなで、久しぶりに思わず涙ぐんだりした面白い映画でした。

 まとめ

主演のアンドリュー・ガーフィールドが、とても良かったです。

僕の中では、映画「アメイジング・スパイダーマン」のイメージが強いんですが、今回の映画「ハクソー・リッジ」の主人公役は、彼に、ピッタリの役だったと思います。

アメリカの若手のホープの一人ですが、これからも、こういう役に取り組んでほしいと思います。

それと、主人公デズモンドの恋人で後に結婚するドロシー役のテリーサ・パーマー
いかにも健康的で明るいヤンキー娘を好演していました。

その他、デズモンドの上官のグローヴァー大尉役のサム・ワーシントン
思わず映画「ターミネーター4」を連想してしまいました。

スポンサーリンク

-心に残る映画, 戦争映画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コングは何故美女に弱いか

              映画「キングコング」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 キングコング2 髑髏島3 金髪の美女4 傭兵5 ラストシーン キングコング ゴジラが、日本の怪獣映画の元祖 …

熟年的大人の恋愛モード

              映画「王様のためのホログラム」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 トム・ハンクス2 王様のためのホログラム3 大人の恋愛4 出会い5 サウジアラビア6 成功や失敗 …

ジョディ・フォスターがいた映画

              映画「君がいた夏」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 君がいた夏2 ジョディ・フォスター3 夏4 憧れの存在5 Stealing Home6 遺灰 君がいた夏 こ …

黒澤明監督の代表作的映画

                  映画「七人の侍」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  世界のクロサワ2  七人の侍3  絵コンテ4  世界の三船5  名優達6  本物  世界のクロサワ …

ゴルフは崇高なゲームであるのか

              映画「バガー・ヴァンスの伝説」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 ロバート・レッドフォード2 ゴルフ・マッチ3 バガー・ヴァンス4 ジャック・レモン5 フェアプレ …

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ブログ運営者のプロフィール

<牛山さとる>

 
当ブログ管理人の朴心(bokusin/ニックネーム)です。
映画を観ることとラーメンが大好きなオヤジです。
このブログでは、自分が観た映画のレビューや情報を載せています。
どうぞごゆっくりお楽しみくださいね!

詳しい自己紹介はこちら

カテゴリーアーカイブ