シリアスな映画

映画「さざなみ」の評価は?ネタバレありのレビュー

投稿日:

              映画「さざなみ」より

スポンサーリンク

「さざなみ」のあらすじ

原題は、「45YEARSというタイトル。

結婚して45年目の祝賀会を開催する予定の夫婦の間に起きた心のさざなみ。

それは、夫に届いた一通の手紙から始まります。

若い頃、夫のジェフ(トム・コートネイ)は、恋人と登山中、事故で恋人が死んでしまいます。
その後、ジェフは、ケイト(シャーロット・ランプリング)と知り合い結婚するのですが・・。

結婚して45年も経ったある日、ジェフの昔の恋人の遺体が、氷河の中から発見されたという手紙が届きます。
動揺を隠せない夫のジェフ。

冷静を装いつつも、動揺する夫の姿に、次第に心乱れていくケイト。
ジェフは、良い夫であり、ケイトも、良い妻で、二人は仲の良い夫婦でした。

そんな夫婦の間に起きた心のさざなみを描いた作品です。

(引用:YouTubeより https://youtu.be/8Gvief-jzVw)

夫婦について

 45年間も連れ添った仲の良い夫婦であっても、心のすれ違いみたいなことが起こるんですよね。

『そんな昔の話、どうでもいいんじゃありませんか?』・・というのも、男の身勝手でしょうか?

昔、ある記事で読みました。
「人は、森に入った時に、大きな幹に頭をぶつけることはない。足元の細いツルに足を取られるのでだ。」と。

夫婦の間の事って、些細なことのように見えるものに、本当は用心しなくてはいけないのかもしれないですね。
「親しき仲にも礼儀あり」でしょうか。

 「さざなみ」のキャスト・配役 

主演の妻ケイト役に、シャーロット・ランプリング

現在、71歳。

1974年映画「愛の嵐」では、ナチス親衛隊の将校と強制収容所に投獄されたユダヤ人の少女との倒錯したエロスを描いた話題作に主演しています。

歌手やモデルさんでもあるんですね。

映画「愛の嵐」から数十年を経ての映画での再会で、感無量です。

夫のジェフ役に、トム・コートネイ
現在、80歳。

途中まで、気づきませんでしたが、こちらも、1962年映画「長距離ランナーの孤独」で、感化院に収容された不良少年で長距離走の選手になる不良少年を演じています。

僕は、確か、NHKの番組としてみた記憶があります。
こちらも、話題作でした。

なかなか知的な雰囲気のおじいちゃんになっていますね。

 「さざなみ」の評価と感想

 良く内容のまとまって書かれた短編小説を読んでいるような作品ですね。

大作というわけでもなく、衝撃作でもありません。秀作的な作品でしょうか。

この映画は、邦題が「さざなみ」となっていますが、原題「45YEARS」よりも、こちらの方が良い気がします。
心が小さく揺れ動く様を、上手く表現した言葉だと思います。

それにしても、いくら仲の良い夫婦であっても、このような「さざなみ」には、気をつけなくてはいけないのでしょうね。

男って、割と女々しいのかもしれません。

長年連れ添った妻からしてみれば、ある種の夫の裏切り行為とも言えることなんですかね。

しかし、夫と妻が、それぞれ逆の立場であったならば、どうだったのでしょうか。
男と女というよりは、その人物の性格で、受け止め方も変わるのかもしれません。

こういった、いわゆるジェラシー(やきもち)とかっていうものは、双方とも、用心しないといけないですね。

それにしても、シャーロット・ランプリングが、美しい知的なおばあちゃんになっているのには、驚きました。

 まとめ

「私は、歳を取って老いても、顔のシワを隠そうとは思いません。むしろ、そのシワも、表現のために使いたいと思います。」

昔、映画の雑誌で読んだジャンヌ・モローの言葉です。(注.完全な僕の意訳です。)

この記事を読んで、ジャンヌ・モローって凄いなと思ったことがありました。

同様に、若い頃は、ひじょうに個性的でセクシーだったシャーロット・ランプリングが、とても素敵に女優として時を経てきていることに、敬意を表したくなりました。

スポンサーリンク

-シリアスな映画
-, ,

執筆者:


  1. kamoko より:

    『愛の嵐』。。懐かしいです~
    子供の頃にテレビで放送されてるのを見たことあります。
    シャーロットさんは、素敵な女性になってるんですね。

    私は結婚してないので、夫婦の気持ちはわかりませんが、誰かを好きだと思う気持ちは止められないと思います…ヤキモチも止められないですね。
    人の心は複雑ですね(^_^)

    • 朴心 朴心 より:

      kamokoさん、コメントありがとうございます!返信が遅くなってスイマセン!!結婚してからも、交際している時も、一番気を付けなければいけないのは、「ジェラシー=やきもち=嫉妬心」だと思っています。僕も、ずいぶんこれで、失敗しました。(笑い)情熱的に好きな時って、結構、このワナにはまりやすい気がします。大きな愛で、見守らないといけませんよね。昔の言葉に、「交際している時は、両方の眼で、しっかり相手を判断しなさい。結婚したら、片目をつぶって見なさい。」と言われますね。この映画「さざなみ」を観て、老いてもなお、人は、「やきもち」もちつづけるんだなぁ・・と思いました。kamokoさん、おたがい頑張りましょう!!!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人生というものの試練

              映画「ムーンライト」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 ムーンライト2 シャロン3 苛め4 友人 ムーンライト 今回は、何かと話題を呼んだ映画「ムーンライト」をお …

天国はどこにあるのか

              映画「夜に生きる」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 ベン・アフレック2 ブレンダン・グリーソン3 人生観4 ギャング5 期待 ベン・アフレック 今回は、進境著し …

映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の評価は?ネタバレありのレビュー

              映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のあらすじ2 「後見人」について3 「マンチェスター・ …

後悔しない生き方とは

              映画「愛する人」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 シリアスなドラマ2 アネット・ベニング3 トラウマ4 関係性5 手紙6 俳優 シリアスなドラマ 少し重たく感じ …

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ブログ運営者のプロフィール

<牛山さとる>

 
当ブログ管理人の朴心(bokusin/ニックネーム)です。
映画を観ることとラーメンが大好きなオヤジです。
このブログでは、自分が観た映画のレビューや情報を載せています。
どうぞごゆっくりお楽しみくださいね!

詳しい自己紹介はこちら

カテゴリーアーカイブ