カッコいい男と女の映画 心に残る映画

熟年的大人の恋愛モード

投稿日:

              映画「王様のためのホログラム」より

スポンサーリンク

トム・ハンクス

久しぶりに、トム・ハンクス主演の映画を観ました。

トム・ハンクスは、1956年7月生まれで、現在61歳です。

色んな話題作に主演しています。

何といっても、1993年「フィラデルフィア」と1994年「フォレスト・ガンプ」に二年連続で、アカデミー主演男優賞を獲得という快挙を達成したアメリカの大スターですね。

大スターなんですが、彼の雰囲気は、どこにでもいるような感じの親しみやすさを感じるタイプです。
僕個人的には、先ほどの「フォレスト・ガンプ」や「グリーンマイル」が好きな作品です。

王様のためのホログラム

今回の映画「王様のためのホログラム」

ストーリーはと言うと、アラン・クレイ(トム・ハンクス)は、大手の自動車会社の取締役でしたが、会社の業績悪化の責任を取らされ解雇されてしまいます。

その結果、社会的には勝ち組だった彼が、妻からは離婚され、家も失くしてしまいます。
大学に通う一人娘の学費を稼ぐためにも、アランは、
IT業界に再就職します。

ここで、アランに与えられた仕事が、サウジアラビアの国王に3Dホログラムを使ったテレビ会議システムを売ることでした・・。

(引用:YouTubeより https://youtu.be/HQ4kodiyKlo)

大人の恋愛

最初、この映画を観始めた時は、会社を解雇されたアランが、新しい会社で、再び復活するというようなストーリーかと思いました。

映画の前半は、サウジアラビアで、必死に営業活動を展開するものの、まったく成果が上がらないというものです。

そして後半部分は、サウジアラビアで知り合った女医ザーラ(サリタ・チョウドリー)とのロマンスとなります。

結果、テレビ会議システムの売り込みは、同じ性能で価格が半額の中国の会社に持っていかれ失敗。
しかし、女医のザーラとの新しい未来が始まるのですね。

ストーリー的には、よくある「人生何とかなる」的なお話の感じでしたが、アランとザーラの中高年同士のラブストーリーは、なかなか良かったですね。

大人の恋愛という感じで、大いに共感いたしました。
特に、二人で海に行き、シュノーケルで潜って遊ぶシーンや初めて愛を交わすシーンが、ナイスでした。

出会い

そもそも、アランとザーラの出会いは、背中にできたコブ(膿疱)を診察してもらいに行くところから始まります。

ザーラは、サウジアラビアには珍しい女医です。

アランのコブ自体は、悪性のものではないから心配はいらないといいつつも、アランのストレス過多な精神面を心配してくれます。

結果、この出会いをきっかけに、アランとザーラは、お互いに結婚生活が破綻した経験を持つ者同士、理解と行為を抱くようになるわけです。

サウジアラビア

それにしても、サウジアラビアという国は、面白い国です。

僕も、行ったことがないのですが、表向きには、お酒を飲むことが禁止されているんですね。

それやら、なるほど周りは砂漠だらけの国で、砂漠の真ん中をハイウエィが走っている。
それに、たびたびペットボトルの水が登場するのも、なるほどな感じでした。

しかしながら、石油で儲かっている大富豪の国でもありますね。

また女性は、とても自由恋愛が認められていそうにもありませんね。

成功や失敗

成功や失敗は、人生につきものかもしれません。

一度は、大きな自動車会社の取締役にまで上りつめていたアランが、業績の悪化からどん底に転落しながらも、宗教も文化も違う異郷の地で、人生の再出発を図るというよくあるパターンの映画なんですが。

さすが、トム・ハンクスの演技力と決して若くない中高年の恋愛事情の部分が、さりげなく共感を覚える映画です。

2017年時点で、トム・ハンクス61歳、サリタ・チョウドリー50歳。

僕的には、中年の恋愛を描いた部分が、一番面白かったです。
というわけで、人生も新しい恋愛も、この歳あたりから始まるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

-カッコいい男と女の映画, 心に残る映画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スタンドバイミーの意味は?

                  映画「スタンド・バイ・ミー」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  スタンド・バイ・ミー2  ステイーブン・キング3  出演者たち4  物語5   …

ホイットニー・ヒューストンの歌唱力

                  映画「ボディガード」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  ホイットニー・ヒューストン2  ケビン・コスナーの弔辞3  ケビン・コスナー4  アメリカを代表 …

ALL IS WELL

 映画「きっと、うまくいく」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 インド映画2 学歴社会3 アーミル・カーン4 青春5 青春 インド映画 ちょっと、感心したインド映画です。 インド映画って、今 …

忘れられない面影

              映画「時雨の記」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 日本映画界を代表するスター2 壬生と多江3 男心4 庵5 少女と少年6 一途な思い7 お体大切に 日本映画界を …

「ショーシャンクの空に」の名言

                映画「ショーシャンクの空に」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  バイブル2  スティーブン・キング3  先輩のAVルーム4  ティム・ロビンス5  モーガン …

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ブログ運営者のプロフィール

<牛山さとる>

 
当ブログ管理人の朴心(bokusin/ニックネーム)です。
映画を観ることとラーメンが大好きなオヤジです。
このブログでは、自分が観た映画のレビューや情報を載せています。
どうぞごゆっくりお楽しみくださいね!

詳しい自己紹介はこちら

カテゴリーアーカイブ