心に残る映画 心に残る曲の映画 SF映画

ラフマニノフの調べと共に

投稿日:

              映画「ある日どこかで」より

スポンサーリンク

クリストファー・リーヴ

この映画「ある日どこかで」は、主演が、クリストファー・リーヴです。

ご存知、彼は、スーパーマンを演じて人気者になりました。

しかし、不運にも1995年(当時42歳)に、落馬事故で首から下が麻痺。
この事故により、俳優を引退。

そして2004年、52歳の若さで亡くなりました。

スーパーマン」シリーズにも、四つの作品に主演していますね。

この映画「ある日どこかで」は、クリストファー・リーブが、スーパーマンの後に主演した映画です。
時空を超えた愛の物語ですね。

僕のとても好きな映画のひとつです。

ある日どこかで

人間、いい加減、歳をとってしまうと、妙に過去を懐かしんだりしてしまいがちのようです。

僕は、嫌なことを思い出すことが多いのですが、時々は、とても良い過去の出来事を思い出したりもします。
恋愛の思い出も、あまり良い思い出はないのですが、時々、胸がときめいたことが蘇ることがあります。

懐かしいような切ないような何とも言えない気分になりますね。

人間、似たり寄ったりですから、誰しもが、同じような気分を思い返すことがあるのではないでしょうか。

この映画「ある日どこかで」を観ると、本当に切なくてため息を洩らしつつも、胸がドキドキしてしまいます。

エリーズ

時空を超えて人を好きになるって、ホントにせつないですよね。

1972年の或る日、脚本家志望のリチャード(クリストファー・リーヴ)は、パーティ会場で、年老いた夫人から「come back to me」という言葉と共に、懐中時計を渡されます。

その後、リチャードは、脚本家になり忙しい日々を送っていました。

そしてある日、車で旅に出たリチャードは、通りかかったグランド・ホテルに宿泊します。
ホテルの資料室に入ったリチャードは、そこで、壁に掛けられた額縁の美しい女性の写真を見つけます。

彼女は、女優で、その昔、グランド・ホテルで公演をした女性だったのです。

その写真に写っている女性の写真が忘れられず、リチャードは、懸命に調査をします。
そして、彼女の名前は、エリーズ(ジェーン・シーモア)で、なんと1972年のパーティで、リチャードに懐中時計を渡した夫人だったのです。

(引用:YouTubeより https://youtu.be/grBRsN7bysU)

タイムトラベル

エリーズは、1972年に、亡くなっていました。

彼女の愛読書が、リチャードの教師の著書である「時の流れを超えて」であることを知ります。
そして、エリーズの「come back to me(私のところに帰ってきて)」の言葉の意味を理解するのです。

そしてまた、リチャードは、1912年のホテルの宿泊名簿の中に、自分の名前を見つけます。

それからリチャードは、タイムトラベルに成功し、1912年へと旅立っていくのでした。

ただし・・、このタイムトラベルの方法に関しては、ちょっと疑問を持ちたくなるわけなんですよね・・。

何か、催眠術を利用するというようなやり方だったような。
スタートレックの熱烈なファンである僕からすると、やや幼稚で非論理的な方法の気がしました。

タイムスリップ

とにもかくにも、リチャードは、タイムトラベルに成功し、エリーズに再会します。

ふたりは、熱烈に愛し合うようになります。

エリーズは、女優としても成功への階段を上る途中であったのですが、リチャードとの人生を夢見るようになります。

ところが、リチャードが、彼の上着のポケットの中に1979年のコインを入れていたために、今度は、逆に現代にタイムスリップしてしまうのです。

それから後、リチャードは、何とかエリーズのもとに戻ろうとしますが、二度と過去にタイムトラベルをすることはできませんでした。

タイムマシン

時空超えたエリーズとリチャードの物語ですね。

タイムトラベルのやり方に、疑問が残るとはいえ、そんなことよりも、時間と空間を超えたストーリーに、じつに切ないものを感じてしまいます。

この記事の冒頭にも書きましたが、時間だけは、どうしようもないものに思えて仕方がありません。

時代が進んでいって、タイムマシンのようなものが実用化され、時を自由にコントロールできるような日は、訪れるのでしょうか。
仮に、そのような日が訪れたとしたら、人間は、本当に幸せになれるのでしょうか。

過去や未来になんて行けない方が、幸せなのかもしれせんね。
ホントに、観た後に、何とも胸が切なく、ときめいてしまう映画でした。

 

スポンサーリンク

-心に残る映画, 心に残る曲の映画, SF映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

AIは恋愛対象となりえるか

              映画「エクス・マキナ」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 AI2 ペーパーレスの時代3 エクス・マキナ4 チューリング・テスト5 アカデミー賞視覚効果賞6 平和的 …

新しい相方の見つけかた

              映画「新しい人生のはじめかた」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 エマ・トンプソン2 ダスティン・ホフマン3 離婚4 新しい人生のはじめかた5 相性6 良い新しい …

切ないおとなの恋心

                  映画「日の名残り」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  二人の名優2  アンソニー・ホプキンス3  エマ・トンプソン4  クリストファー・リーブ5  大人 …

異なる文化との交流

                                      映画「ダンス・ウィズ・ウルブス」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  ソルジャー・ブルー2  フロンティア3  英 …

ホイットニー・ヒューストンの歌唱力

                  映画「ボディガード」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  ホイットニー・ヒューストン2  ケビン・コスナーの弔辞3  ケビン・コスナー4  アメリカを代表 …

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ブログ運営者のプロフィール

<牛山さとる>

 
当ブログ管理人の朴心(bokusin/ニックネーム)です。
映画を観ることとラーメンが大好きなオヤジです。
このブログでは、自分が観た映画のレビューや情報を載せています。
どうぞごゆっくりお楽しみくださいね!

詳しい自己紹介はこちら

カテゴリーアーカイブ