カッコいい男と女の映画 心に残る映画

忘れられない面影

投稿日:2017年7月6日 更新日:

              映画「時雨の記」より

スポンサーリンク

日本映画界を代表するスター

吉永小百合渡哲也と言えば、日本映画界を代表するスターですね。

小百合さんは、相変わらずお元気な様子ですが、渡さんは、ご病気療養中とか聞きました。

日本の映画界で、長く活躍してきたお二人です。

この二人に共通していることと言えば、美男美女なこと。
容姿端麗。悪役をしたことがない。ほとんどが主役。
そんなところでしょうか。

この二人が、共演した映画「時雨の記」です。
中年な大人の恋物語ですね。

壬生と多江

壬生孝之助(渡哲也)は、建設会社の専務。

或る日、パーティの会場で、多江(吉永小百合)を見かけます。

彼女は、壬生にとって、ずっと心に秘めていた忘れられない女性でした。

この出会いを機に、壬生は、積極的に多江にアタックを始めます。
壬生には妻もあり、家庭もあります。

会社では、専務という役職者。
仕事人としても、建設会社で、つわもの達の中で、逞しく生き抜いてきたようなタイプの男でした。

一方の多江は、夫を亡くしており、生け花の先生をして暮らしていました。

最初は、壬生の猛烈アタックに戸惑っていた多江でしたが、彼の一途さに、次第に好意を抱いていきます。

壬生の滑稽なほどの純粋さと、多江の品格のある女性像が、大人の恋愛という印象を清々しく感じさせます。

(引用:YouTubeより  https://youtu.be/79HzQV5wluk)

男心

こういう男心っていうのは、何か理解できますよね。

結婚している男であっても、過去に、妻以外の女性を好きだったことはあると思います。

できれば、僕の個人的な見解は、結婚してから理想の女性なんて現れて欲しくないですけどね。
だって、現れたら大変ですよ。

それは、ともかくも、壬生は、多江と、出会ってしまったのです。

本当に好きだったんでしょうね。
ずっとずっと、心の中に多江の面影が、宿っていたんでしょう。

壬生の妻、佳子に対しては、躊躇することなく、自分の気持ちを伝えます。
離婚して、多江と生きていきたいという思いを。

この部分は、あまりにも妻の佳子がかわいそうな気がしました。
妻からしたら、たまらないですよね。自分は、いったい何だったのだという思いでしょう。

壬生と多江は、京都の吉野に、ふたりのを建てようと計画します。

しかし、そんな時、壬生が、心不全で倒れ、帰らぬ人となってしまうのでした。

そして、葬儀も終わってから数日後、佳子が、多江のもとを訪れます。
多江に、自分の感情を激しくぶつけるわけなんです。

これは、当然ですよね。
多江としては、黙って耐えるしかないのでした。

こうして、壬生と多江の恋は、壬生の突然の死で、終わってしまいます。

少女と少年

ストーリーの概略を述べると、こんな感じなのです。

この物語の中で壬生を演じる渡哲也の表情が良いですね。

多江といる時の、少年のような眼差し。
多江も、戸惑いながらも、次第に壬生を受け入れていく気持ちの高まりを、小百合さんが、上品に演じています。

ふたりは、まだ幼い少女と少年が、遊んでいるかのような印象を受けました。

一途な思い

一説によりますと、実生活の方でも、渡さんと小百合さんは、結婚寸前までいったような噂を聴いたことがあります。

これって、余計なお世話な話なんですが、この映画の二人は、本当に良い感じです。

人を好きになるっていうのは、不思議ですね。

しかしながら、冒頭にも書きましたように、壬生は、立派な家庭人であり、大きな建設会社にあっては、出世競争を見事に書き抜いて、専務という要職にあるやり手の仕事人です。

そんな彼が、ずっと、心に秘めていた多江への一途な思いに突き進むというのは、ちょっと感心してしまいます。
そこが、ドラマなんでしょうけどね。

やり直しの利かない一度だけの人生と思うから、そんな子動力が生まれてくるのかもしれませんね。

お体大切に

渡哲也さんも、70代の半ばにおなりですね。

僕らの年代でも、石原プロモーションの「西部警察」などで、すっかりお馴染みなんですが。
ご本人は、本当は、アクション作品よりも、人間ドラマを描いたような作品を演じたかったようなことを、いつか言われていました。

くれぐれも、お体大切に。

小百合さん、これからも、頑張ってくださいね。

スポンサーリンク

-カッコいい男と女の映画, 心に残る映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

デンゼル・ワシントンの最新作映画

                  映画「フェンス」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  デンゼル・ワシントン2  ヴィオラ・デイビィス3  アメリカの1950年代4  家族5  フェンス …

夫婦ふたりで見る映画です

              映画「31年目の夫婦げんか」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 共感2 メリル・ストリーブ3 トミー・リー・ジョーンズ4 夫婦5 初心忘るべからず 共感 この映画 …

フォレスト・ガンプの名言

               映画「フォレスト・ガンプ」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  名言2  一期一会3  人間万事塞翁が馬4  ジェニー5  フォレスト・ガンプの愛  名言 「人 …

ゴルフは崇高なゲームであるのか

              映画「バガー・ヴァンスの伝説」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 ロバート・レッドフォード2 ゴルフ・マッチ3 バガー・ヴァンス4 ジャック・レモン5 フェアプレ …

熟年的大人の恋愛モード

              映画「王様のためのホログラム」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 トム・ハンクス2 王様のためのホログラム3 大人の恋愛4 出会い5 サウジアラビア6 成功や失敗 …

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ブログ運営者のプロフィール

<牛山さとる>

 
当ブログ管理人の朴心(bokusin/ニックネーム)です。
映画を観ることとラーメンが大好きなオヤジです。
このブログでは、自分が観た映画のレビューや情報を載せています。
どうぞごゆっくりお楽しみくださいね!

詳しい自己紹介はこちら

カテゴリーアーカイブ