実話を基にした映画

デリンジャーの時代

投稿日:2017年7月4日 更新日:

              映画「パブリック・エネミーズ」より

スポンサーリンク

デリンジャー

ジョニー・デップ演じる、この映画「パブリック・エネミーズ」の主人公は、実在した銀行強盗のジョン・デリンジャーです。

1930年代のアメリカの大恐慌の時代に存在していたわけなんですが、貧しい人からは奪わないという義賊のような銀行強盗だったとか。

僕の大好きな池波正太郎さんの「鬼平犯科帳」の中にも、いろんな盗賊が登場します。
結構、義賊と思われる盗賊も、多く出てきますね。

「鬼平犯科帳」のテレビドラマの中でも、よく「犯さず殺さず貧しきからは奪わず」というセリフが、登場します。

日本でもアメリカでも、その他の国々でも、同じような義賊は、存在していたのではないでしょうか。
映画「俺たちに明日はない」ボニーとクライドも、同じアメリカの1930年代に実在していた銀行強盗でしたね。

それだけ、この時代は、人の心も、不安定な時代だったことでしょう。

パブリック・エネミーズ

義賊というと、僕は、昔の時代劇に登場する「鼠(ねずみ)小僧」を、連想します。
権力をかさに、貧しい人々から搾取したお金を、鼠小僧が盗み出して、貧しい人々に分け与えるというようなお話ですね。

今回の「パブリック・エネミーズ」という言葉の意味は、「公共の敵」というような意味のようです。

要するに社会悪というような捉え方なんでしょうね。
映画の主人公、ジョン・デリンジャーに対して、警察機構のようなものが、そのように命名していたようです。

(引用:YouTubeより  https://youtu.be/WDbfbt7YXdE)

大恐慌の時代

確かに、ジョン・デリンジャーは、人気者であったようです。

ひじょうに大胆不適な行動力で銀行強盗を重ね、貧しきからは奪わないスタイル(?)が、当時の大衆の心をつかんだのでしょうね。

時代は、大恐慌の時代で、人々の心も、不安とか恐れのようなものに支配されていたと思われます。
そのような状況の大衆の怒りは、どうしても、時の権力者とか特権階級のような類に矛先が向きますよね。

そんな中で、デリンジャーは、銀行強盗ながら、権力機構や特権階級に喧嘩を売ったみたいなところでしょうか。
政治家なんかは、こういった大衆心理をつかむのも大変でしょうね。

俳優たち

今回、色んな俳優達が、出演しています。

デリンジャー役に、ジョニー・デップ
デリンジャーを捕まえようとする警察方のリーダー、メルヴィン・フーヴァー役に、クリスチャン・ベール

デリンジャーが愛した女性、ビリー・フレシェット役に、マリオン・コティヤール

それから、この映画の制作側に、ロバート・デ・ニーロが、参加していますね。

今や、アメリカの映画界も、クリント・イーストウッドやロバート・レッドフォート、シルベスタ・スタローンらに見られるように、俳優としてだけではなくて、映画監督としてや、映画の制作側の方から映画に関わっていくケースが増えてきていますね。

ジョニー・デップ

それにしても、ジョニー・デップ。
色々と話題も多い魅力的な俳優です。

出演作も、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズから「シザーハンズ」「チャーリーとチョコレート工場」「ブラック・スキャンダル」など、凄く個性的な役どころが多いですね。

私生活の方でも、経済的に破産の危機説とかも噂されています。

日本のCMでも、福山雅治と、ギターの共演もしています。
なかなかミュージシャンとしての素質も豊富な人物のようですね。

はたまた、最近では、アメリカのトランプ大統領に対しての過激な発言でも、注目を集めました。
本当に、大スターらしい華のあるスターです。

時代

この記事の冒頭でも書きましたが、洋の東西を問わず、国は違えども、同じ人間です。

反骨心であるとか義侠心というものは、変わらないようですね。

男の美学などという表現をされたりもしますが、ある面では、その時代のムードが、ヒーローを生み出していくとも言えるようです。

アメリカの大恐慌の時代を描いた「ウディ・ガスリーわが心のふるさと」という映画があります。
ウディ・ガスリーという実在のフォーク・シンガーを描いた作品です。

世界恐慌の時代、ある者は、銀行強盗となり、また別の者は、貧しい大衆の為に唄っていたようです。
ボニーとクライドも、同じ時代の空気を吸って生きていたんですよね。

僕らが生きている今の時代って、どんな時代なのでしょうか。
拳銃を握って銀行強盗するような時代でもないようだし、貨物列車の上に乗って、ギターひとつで渡り歩く時代でもないような・・。

でも、彼らが生きた時代の心の叫びのようなものは、どんな時代にも人の心の中に存在するものではないでしょうか。

スポンサーリンク

-実話を基にした映画
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

恋した人を想い続けるということ

              映画「タイタニック」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 レオナルド・デカプリオ2 碧洋のハート3 ケイト・ウィンスレット4 セリーヌ・ディオン5 ジェームズ・キャ …

他人の人生に関わるということ

              映画「僕はラジオ」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 実話2 ラジオ3 知的障害4 キューバ・グッディング・Jr.5 向き合う 実話 映画を観ていて、最後の部分で …

芸術の価値とは

              映画「ミケランジェロ・プロジェクト」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 モニュメンツ・メン2 芸術3 マット・デイモン4 ジョージ・クルーニー5 ケイト・ブランシ …

おもいでの夏の素敵なエピソード

              映画「おもいでの夏」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 ノスタルジック2 ジェニファー・オニール3 面白い記事4 エピソード ノスタルジック 主人公が、自分の思春 …

気品あふれる古典的恋愛映画

                  映画「慕情」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  愛は多くの輝けるもの2  半自伝的小説3  ジェニファー・ジョーンズ4  ウイリアム・ホールデン5  現 …

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ブログ運営者のプロフィール

<牛山さとる>

 
当ブログ管理人の朴心(bokusin/ニックネーム)です。
映画を観ることとラーメンが大好きなオヤジです。
このブログでは、自分が観た映画のレビューや情報を載せています。
どうぞごゆっくりお楽しみくださいね!

詳しい自己紹介はこちら

カテゴリーアーカイブ