アクション映画 カッコいい男と女の映画

タフな男にならなくちゃ

投稿日:2017年6月29日 更新日:

              映画「ダーティーハリー」より

スポンサーリンク

クリント・イーストウッド

僕は、随分小さい頃からクリント・イーストウッドを知っています。

彼は、僕の小さい頃からずっとカッコ良かったです。

最初に彼を観たのは、テレビの西部劇「ローハイド」で、カウボーイのロディ役でした。
その後は、マカロニウエスタンの「荒野の用心棒」で軽快に拳銃の早打ちを披露し、出演する映画は、大ヒットの連続。

「ダーティハリー」では、その長身を生かし、大型バイクに楽々と跨り44マグナムをぶっ放して悪人をやっつけました。

俳優としても成功し、監督としても、大成功。
政治家としても、カリフォルニア州のカーメル市長になりました。

ホントにため息の出るような男っぽいクリント・イーストウッドなのです。

(引用:YouTubeより https://youtu.be/T1c3AXZkYeU)

ダーティハリー

今回は、その彼の代表作的映画「ダーティハリー」です。

余談ですが、昔、日本のテレビで、三船敏郎さんが、ビールのコマーシャルをやっていました。
「男は黙ってサッポロビール」というCMです。
大ヒットCMですね。

なんだか、クリント・イーストウッドの「ダーティハリー」と相通じるものを感じます。

男っぽさというのがテーマですね。

最近は、男が中性化したとか、結婚しない男と女が増えたとか言われますね。
女性が強くなったとも言われますが、男が、弱くなったのかもしれません。

そこからすると、「ダーティハリー」は、強い男の代名詞ですね。
まず、男は、強くタフでなくてはならないと感じてしまう映画です。

ハリー・キャラハン

サンフランシスコ市警察のハリー・キャラハンは、ダーティ・ハリーと呼ばれているタフな刑事です。

スコルピオンという連続通り魔殺人犯が現れます。
スコルピオンを、一度は捕まえるのですが、自白を強要したなどで違法行為とみなされ、犯人を取り逃がしてしまいます。

その後も、犯人は、予告殺人を繰り返すのですが。
ハリー刑事のタフな捜査の結果、最後は、やっつけてしまうというストーリーです。

この映画は、その後、「ダーティハリー・シリーズ」として大ヒットを飛ばしました。

このハリー・キャラハンという刑事像は、その後の映画やテレビの刑事ものに、かなり影響を及ぼしていますね。
日本でも、いまだに、刑事ドラマが流行っていますが、結構ハリー・キャラハンモデルが、登場している感じです。

マディソン郡の橋

ちょっと、また話が逸れますが。

クリント・イーストウッド主演で、「マディソン郡の橋」という映画がありました。

メリル・ストリープとの共演でしたね。

実話がモデルになっており、そのお話は、本も出版されており話題になりました。
映画自体も、結構ヒットしたように覚えています。

この映画で、クリント・イーストウッドが演じたのは、用心棒でなく、刑事でもありませんでした。

一応は、恋愛映画とも言えるかもしれませんが、正確に言うと不倫の恋の物語と思います。
もともと「マディソン郡の橋」は、ベストセラー本の映画化だったわけです。

その当時、結構、僕の田舎の町の仲間内でも、話のタネになりました。
ある者は、これは、純愛物語だと言い、別のものは、これは単なる不倫だと言っていました。

僕は、単なる不倫だと思っていましたね。

そもそもが、マディソン郡に取材に来たカメラマンが、田舎町で暮らす人妻と恋愛関係になるというお話でした。
その数日間の事を、二人は、一生心に大切に抱き続けたというようなね。

人それぞれの捉え方で構わないと思うのですが、錯覚だと思いました。
ちょっと長くなってしまいました。
スイマセン!

要は、ハリー・キャラハン刑事のタフな男像とは、かけ離れているということでした。

強さ

男って、幾つになっても強くなくてはいけないと思っています。

強いってことは、体の強さももちろんなんですが、精神的な強さが、重要ですよね。

この時代は、何でも容認されてしまうところがある気がします。
駄目なものは、ダメなんだという気概が必要だとは思いませんか?

単純明快が良いですね。

今回も、横道に逸れた話ばっかりで、ゴメンナサイ!

れでは、今日は、ここまで。

 

 

スポンサーリンク

-アクション映画, カッコいい男と女の映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロッキーの名言

                  映画「ロッキー」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  シルベスタ・スタローン2  アリとチャックの試合3  サクセスストーリー4  ロッキーの決意  シル …

カサブランカ・ダンディ     

     映画「カサブランカ」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  カサブランカ・ダンディ2  トレンチコート3  コロンボ・コート4  ラストシーン5  ダンディズム  カサブランカ・ダン …

キャストが豪華なエクスペンタブルズ

                映画「エクスペンタブルズ」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  豪華なアクションスターたち2  ジェイソン・ステイサム3  ドルフ・ラングレン4  エクスペン …

熟年的大人の恋愛モード

              映画「王様のためのホログラム」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 トム・ハンクス2 王様のためのホログラム3 大人の恋愛4 出会い5 サウジアラビア6 成功や失敗 …

ホイットニー・ヒューストンの歌唱力

                  映画「ボディガード」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  ホイットニー・ヒューストン2  ケビン・コスナーの弔辞3  ケビン・コスナー4  アメリカを代表 …

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ブログ運営者のプロフィール

<牛山さとる>

 
当ブログ管理人の朴心(bokusin/ニックネーム)です。
映画を観ることとラーメンが大好きなオヤジです。
このブログでは、自分が観た映画のレビューや情報を載せています。
どうぞごゆっくりお楽しみくださいね!

詳しい自己紹介はこちら

カテゴリーアーカイブ