心に残る映画 心に残る曲の映画

異なる文化との交流

投稿日:2017年6月9日 更新日:

                                      映画「ダンス・ウィズ・ウルブス」より

スポンサーリンク

 ソルジャー・ブルー

この映画も、僕の大好きな映画です。

ケビン・コスナーが、主演と監督をやっています。
映画音楽も、良いですね。

この映画を観た時、かなり昔観た「ソルジャー・ブルー」という映画を思い出しました。

最近、あまりスクリーンで見なくなりましたが、キャンディス・バーゲンが主演した映画です。
けっこう問題作で、西部開拓時代に、アメリカの原住民であるインディアンが、白人から、いかに迫害を受けたかという内容でした。

かなり過激なシーンが多い作品であったことを憶えています。

今回の映画「ダンス・ウィズ・ウルブス」も、同じような描かれ方をしています。

 フロンティア

南北戦争の時、北軍の兵士であったケビン・コスナー演じるジョン・ダンバーは、戦いでの功績を認められて、自由に勤務地を選ぶ権利を得るのですが。

その時に、彼は、「失われていくフロンティアを見たい。」という理由で、荒れ果てた僻地にある砦を希望し赴任していきます。

そこで、インディアンや狼との交流が始まります。

インディアンは、アメリカの原住民ですよね。
言葉も通じないわけですが、ジョン・ダンバーは、一生懸命に交流しようとするのです。

この部分は、この映画の大きなテーマの一つだと思います。

(引用:YouTubeより https://youtu.be/KwCrUPz9Rgs)

 英会話

僕は、英語は片言しか話せませんが、日本国内やたまに海外に行ったときは、機会があれば、できるだけ現地の人と話をするように心がけています。

昔、ある人から言われたんですが、英語が下手でも、一生懸命に仲良くなろうとしている姿勢が評価されるとね。

英語圏に限らずですが、確かにそうでした。
知らない国に行ったら、「こんにちは」「ありがとう」「すいません」といった基本的な挨拶を覚えるのは、大切です。

それと、良く通じる英会話って、映画で覚えたフレーズが、一番有効だと感じました。

この映画でも、ジョン・ダンバーが、一生懸命、インディアンと意思の疎通を図ろうとする場面に、たいへん共感します。

 侵略

僕らの小さい頃、テレビで観ていた西部劇は、白人が正義で、インディアンは、悪者というのが、定番でした。

しかし、実際の歴史は、どうったんでしょうか。

最初に書いた映画「ソルジャー・ブルー」では、完全に白人が侵略者として描かれています。

この「ダンス・ウィズ・ウルブス」でも、同様ですね。

平和に暮らしているインディアンの部落を、あとからアメリカに入ってきた白人たちが、自分たちの都合で、侵略してしまうというものですね。

こういった歴史は、アメリカに限らず、世界中にあることです。
実際のところ、この映画「ダンス・ウィズ・ウルブス」が公開された1990年頃も、結構そこのところが、問題視されたようです。

そう考えると、映画「ソルジャー・ブルー」は、1970年頃ですから、もっと問題視されたと思います。

なかなか人種差別の問題は、亡くなりませんね。

 ケビン・コスナー

ケビン・コスナーも、現在、年齢は、62歳です。
(1955年1月生まれ)

いろんな映画に出演していて、アメリカの代表的なスターです。

最近は、ヘンリー・カヴィル主演の「マン・オブ・スティール」で、地球での父親役で出演していましたね。

この「ダンス・ウィズ・ウルブス」で、監督としても成功しました。

余談なんですが、実は、ケビン・コスナーも、インディアンの血統を引いているらしいですね。

ケビン・こすなーの他にも、ジョニー・デップやアンジェリーナ・ジョリー、・・たしか、僕の好きなキム・ベイジンガーも、そうだったと思います。

アメリカという国は、異民族の集まりの国と言われますが、日本とは違った歴史や文化を持つ国です。
それだけに、映画を作るのも、ある面大変かもしれませんね。

 アメリカ

そういえば、5年位前であったか、アメリカのラスベガスに行ったとき、グランドキャニオンで、インディアンのお守りを買ったことを思い出しました。

アメリカって、圧倒的に大きな国ですね。
いろんな人種が住んでいて、凄い国です。

今回、この記事書いていて、またアメリカに行きたくなりました。
(なかなか行けませんけどね。)

思いは、とめどもなく広がっていくわけですが、今回も、そろそろここらへんで失礼いたします。

いつも、僕のブログ読んでいただいてありがとうございます!

 

 

スポンサーリンク

-心に残る映画, 心に残る曲の映画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

めぐり逢い、再び・・

スポンサーリンク               映画「めぐり逢い/1994年制作」より 今日の記事の見出し1 リメイク2 素敵なシーン3 夫婦4 ラストシーン5 ドラマ リメイク 今回の映画「めぐり逢い …

ジョディ・フォスターがいた映画

              映画「君がいた夏」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 君がいた夏2 ジョディ・フォスター3 夏4 憧れの存在5 Stealing Home6 遺灰 君がいた夏 こ …

恋におちてみたい

              映画「恋におちて」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 大人の恋愛2 恋におちて3 大スター4 出会い5 恋6 離婚7 再会 大人の恋愛 ひじょうに僕の好きな映画で …

おもいでの夏の素敵なエピソード

              映画「おもいでの夏」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 ノスタルジック2 ジェニファー・オニール3 面白い記事4 エピソード ノスタルジック 主人公が、自分の思春 …

黒澤明監督の代表作的映画

                  映画「七人の侍」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  世界のクロサワ2  七人の侍3  絵コンテ4  世界の三船5  名優達6  本物  世界のクロサワ …

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ブログ運営者のプロフィール

<牛山さとる>

 
当ブログ管理人の朴心(bokusin/ニックネーム)です。
映画を観ることとラーメンが大好きなオヤジです。
このブログでは、自分が観た映画のレビューや情報を載せています。
どうぞごゆっくりお楽しみくださいね!

詳しい自己紹介はこちら

カテゴリーアーカイブ