カッコいい男と女の映画 心に残る曲の映画

ホイットニー・ヒューストンの歌唱力

投稿日:2017年5月18日 更新日:

                  映画「ボディガード」より

スポンサーリンク

 ホイットニー・ヒューストン

ホイットニー・ヒューストンが歌う「I will always love you」。

見事な歌唱力に感動します。
何という表現力 !

もともとこの歌は、カントリーソングで、ドリー・パートンというシンガーソングライターが、作詞作曲した曲です。

僕も、何回か聴いたことあるけど、なかなかしっとりとした良い曲です。

この歌を、ホイットニー・ヒューストンが歌うと、都会的というか洗練された印象の曲になるんですね。

何と、全世界で4,200万枚売れたとか!

僕の中での天才というイメージのひとりが、ホイットニー・ヒューストンです。
彼女は、歌手だけではなく、プロのモデルさんでもあったんですね。

(引用:YouTubeより https://youtu.be/1HgOuQ7hkJI)

 ケビン・コスナーの弔辞

映画の中でも、色んな曲を歌っています。

そんな彼女も、2012年に他界してしまいました。
もう5年になるんですね。
ホントに惜しい気持ちでいっぱいです。

この映画で共演したケビン・コスナーは、ホイットニーの葬儀の時、こんな弔辞を読み上げました。

「ボディガードで共演したけど、僕の役は、僕以外の俳優でも出来たろうけど、ホイットニーの役は、彼女にしかできない役だった。」とね。

ケビンも、ホイットニーの大ファンだったんですね。

 ケビン・コスナー

一方のケビン・コスナー。
この「ボディ・ガード」の主人公フランク役。

僕の理想の男性像なんです。

寡黙で多くを語らず、でもプロフェッショナルの塊で、自分の仕事の為なら命をも投げ出すという感じです。

そもそも、大スターのホイットニー扮するレイチェルのボディガードとして、ケビン扮するフランクが仕事の依頼を受け、彼女の命を狙う犯人から命を守るというものですね。

この仕事の依頼に対して、あまり乗り気でなかったフランクが、レイチェルの警護をする中で、たがいに愛し合うようになるわけであります。

何とも都会的かつロマンチックなストーリーです。

 アメリカを代表する俳優の一人

ケビン・コスナーっていう俳優は、やはりアメリカを代表する俳優の一人だと思います。

良い雰囲気を持った男優ですね。
いかにもアメリカ人っていう顔や体型。

それも、どっかの街角でよく見かけるタイプな感じです。

明るくて健康的。
人懐っこい笑顔。

「ボディガード」の中では、学生時代は、アメリカンフットボールの花形スターで、キャリアとしては、レーガン大統領の警護をしていたシークレット・サービスとなっています。

一人の顧客の専属にはならず、自分がやると決めた人物のボディガードにしかならないという感じでした。

ケビン・コスナーは、身長も、185㎝くらいで、映画的には、どんな役もできるサイズとルックスと云えそうですね。

 ラスト・シーン

「ボデイガード」のラスト・シーン。

空港で、フランクが、飛び立つレイチェルを見送ります。
いったん滑走路を走り始めた飛行機がストップし、タラップからレイチェルが、走り下りてきます。
フランクの胸に飛び込み、二人は、抱きしめ合いますね。

結局、レイチェルは、大スターの道を歩み続け、フランクは、また次の意依頼人のボディガードをするというわけなんです。
単純に結婚というわけにはいかない事情もあるんですよね。

大人の女と男の恋ですね。

それと、この映画を観ていると、ホイットニーは黒人で、ケビンは、白人なわけですが、全く違和感がありません。

今や、アメリカには、黒人の大統領が誕生しましたし、アメリカ社会の各分野で、有色人種の人材が、多く活躍しています。素晴らしいことだと思います。

 伝説のアメリカ国歌斉唱

最後になりましたが、ホイットニー・ヒューストンの伝説のアメリカ国歌斉唱を、紹介します。

1991年の第25回スーパーボールで、ホイットニーが歌ったアメリカ国歌は、史上最高の国歌斉唱と絶賛されました。

興味のある方は、YouTubeなどの動画を、ぜひご覧になってください。何と素晴らしい歌唱力なんでしょうか!

偉大な才能に溢れたアーチスト。
ホイットニー・ヒューストン。

“ホイットニー・ヒューストンのご冥福を、心よりお祈りいたします。”


スポンサーリンク

-カッコいい男と女の映画, 心に残る曲の映画
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

どうか乾杯を!夢追い人に!

映画「ラ・ラ・ランド」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 エマ・ストーンとライアン・ゴズリング2 ミアとセブ3 夢を追いかける若者4 喧嘩5 オーディション6 五年後7 格言8 なかなかのミ …

涙がこみ上げてくるひまわりのテーマ曲

                  映画「ひまわり」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  名曲2  イタリアを代表する俳優3  ひまわり4  マーシャ5  結婚6  ラストシーン7  記憶に …

ゴッドファーザーのテーマ

                  映画「ゴッドファーザー」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  三人のゴッドファーザー2  初代と二代目3  初代と二代目の生き様4  名付け親5  二代目 …

絶対に泣いてしまうラスト・シーン

              映画「ニュー・シネマ・パラダイス」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  ニュー・シネマ・パラダイス2  回想の始まり3  映画館4  エレナとの出会い5 …

気品あふれる古典的恋愛映画

                  映画「慕情」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  愛は多くの輝けるもの2  半自伝的小説3  ジェニファー・ジョーンズ4  ウイリアム・ホールデン5  現 …

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ブログ運営者のプロフィール

<牛山さとる>

 
当ブログ管理人の朴心(bokusin/ニックネーム)です。
映画を観ることとラーメンが大好きなオヤジです。
このブログでは、自分が観た映画のレビューや情報を載せています。
どうぞごゆっくりお楽しみくださいね!

詳しい自己紹介はこちら

カテゴリーアーカイブ