心に残る映画 心に残る曲の映画

絶対に泣いてしまうラスト・シーン

投稿日:2017年5月16日 更新日:

 

            映画「ニュー・シネマ・パラダイス」より

スポンサーリンク

 ニュー・シネマ・パラダイス

この映画も、イタリア映画ですね。
この映画「ニユー・シネマ・パラダイス」って、僕の好きな映画のベスト3に入るかもしれません。

監督は、「海の上のピアニスト」のジュゼッペ・トルナトーレ。
どちらも、情感豊かな名作です。

音楽は、エンリオ・モリコーネ。
素晴らしいです。

最初、この映画を観たのは、完全版の方ではなかったです。
後日、この映画の完全版を観たわけですが、完全版の方には、なぜ二人が、別れ別れになってしまったのかという理由が描かれています。

ホントに、ストーリー性と抒情性のある作品です。

 回想の始まり

主人公のトトことサルヴァトーレは、映画監督として成功をおさめていました。

ある日、故郷の母から電話があり、師匠のアルフレードが死んだことを知らされます。

故郷を出てから、一度も帰郷したことがなかったサルヴァトーレでした。
それは、亡くなった師匠のアルフレードが、故郷を出るとき、決して帰ってきてはならないと言っていたからでした。

つらい思い出のある故郷でした。
人生で最も愛した女性との別れがあったのです。

知らせを聞いたサルヴァトーレの回想が始まります。

 映画館

僕の生まれた故郷の田舎町も、昔は、映画館が、三つくらいありました。

ゴジラとかモスラなどの怪獣映画や吉永小百合さんの「キューポラのある町」などを観た記憶があります。

小学校のニ年生位の頃であったか、次の日が、映画館で映画鑑賞という時、夜、映画館が火事で全勝してしまったことがありました。

確か、上映されていたのは、「海底2万マイル」だったと覚えています。

その後は、急速にテレビが、日本全国に普及していって、映画館で映画を観るという機会が、だんだんと少なくなっていきました。

 エレナとの出会い

話が、それてしまいました。
昔は、映画館で映画を観るのは、確かに楽しい娯楽のひとつだったのです。

幼いトトも、映画をこよなく愛していました。
親子以上も年の離れたアルフレードから映写技師の仕事も教えてもらいます。

そして、ある時、高校生になった頃、トトは、初恋の女性、エレナと出会います。

やがて、二人は、愛し合うようになります。

ここで、ひと言。
僕が、ずっと映画を観続けている理由の一つは、映画の中で、出会いと愛し合うようになる過程の研究があります。
映画の中では、ある時を境に、二人は、愛し合うようになります。その瞬間が、とても興味深いのですね。

トトとエレナも、相思相愛、将来を誓い合う中になるのでした。

しかしながら、親の反対というのも、世の常ですね。
そして時代は、トトが、徴兵制で兵役に就く時でもありました。

約束の日に、二人は、すれ違ってしまいます。

その後、傷心のまま、故郷を出たトトは、映画人として成功してからも、片時も、エレナのことを、忘れることはありませんでした。

「なぜ、エレナは、約束した日に来なかったのか!?」

 完全版/すれ違った理由

「ニューシネマパラダイス完全版」には、トトとエレナのすれ違いの理由が、描かれています。

アルフレードの葬儀の為に帰郷したトトは、エレナにそっくりの若い女性を見かけます。
気になって調べてみると、やはり、彼女は、エレナの娘でした。

思い余ってエレナの自宅に電話して、トトとエレナが、何十年ぶりかの再会を果たします。
そして、なぜ二人が、すれ違ってしまったのかという理由が、明らかになるのでした。

アルフレードだったんです。
彼が、二人を、すれ違わせてしまったんでした。

 再会

とにもかくにも、人生の時間は経過し、数十年を経たのちに、再会するわけなんですね。

エレナは、結婚しています。
トトは、いまだにエレナのことを忘れられずに独身です。

彼にとって、エレナのいない人生は、意味のないものに思えていました。
求愛するトトに、エレナは、それが、二人の運命であったと言います。
女性は、強いですね。

そして、ローマに帰ったトトが、アルフレードの形見を開けると、それは、映画のビデオテープでした。
ビデオテープを再生するトトの驚き。

日本では、映倫と云いますが、それは、検閲で除外された映画のキスシーンのつぎはぎであったのです。

アルフレードのことを思い出すトト。そして、流れてしまった人生の歳月の時間。
トトは、万感が迫る思いで、映画を観ながら涙を流すのでした。

(引用:YouTubeより https://youtu.be/qMgTCtSxOHE)

 ラスト・シーン

このラストシーンを観ると、必ず僕は、泣いてしまいます。

人生って、長く生きていると、色んな経験をして良くも悪くも色んな思い出があるんですよね。

自分の未熟さゆえの苦い思い出を思い起こすたびに、何とも言えない気分に浸ります。

失敗のない人生ってあり得ないのかもしれませんが、大切なものを、精いっぱい大切に思って生きたいですね。
そんな思いをしみじみと感じさせてくれる映画でした。


スポンサーリンク

-心に残る映画, 心に残る曲の映画
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

黒澤明監督の代表作的映画

                  映画「七人の侍」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  世界のクロサワ2  七人の侍3  絵コンテ4  世界の三船5  名優達6  本物  世界のクロサワ …

ブラッド・ピットのフライ・フィッシング

          映画「リバー・ランズ・スルー・イット」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  ブラッド・ピット2  大スター3  リバー・ランズ・スルー・イット4  フライ・フィッシング5 …

ダンスポーズ抜群のトラボルタ

            映画「サタデー・ナイト・フィーバー」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1  ジョン・トラボルタ2  ディスコ・ブーム3  ビージーズ4  土曜日の夜5  フィーバー6 …

どうか乾杯を!夢追い人に!

映画「ラ・ラ・ランド」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 エマ・ストーンとライアン・ゴズリング2 ミアとセブ3 夢を追いかける若者4 喧嘩5 オーディション6 五年後7 格言8 なかなかのミ …

エーデルワイスと愛国心

              映画「サウンド・オブ・ミュージック」より スポンサーリンク 今日の記事の見出し1 ミュージカルの古典2 マリア3 エーデルワイス4 実在の家族5 ジュリー・アンドリュース6 …

スポンサーリンク


スポンサーリンク


ブログ運営者のプロフィール

<牛山さとる>

 
当ブログ管理人の朴心(bokusin/ニックネーム)です。
映画を観ることとラーメンが大好きなオヤジです。
このブログでは、自分が観た映画のレビューや情報を載せています。
どうぞごゆっくりお楽しみくださいね!

詳しい自己紹介はこちら

カテゴリーアーカイブ